結婚したい年齢が24.25.26歳 若さは光陰矢の如し


                                               


結婚したい年齢が24.25.26歳 若さは光陰矢の如し

あなたが結婚したい年齢は何歳くらいでしょうか?
現実のしがらみは置いておいて、
24.25.26歳で結婚できたら
幸せだと思うことはありませんか?

そう考えている人でさえ、
現代だと24.25.26歳くらいの年齢は
結婚したい年齢としては少し若いと感じると思います。

しかし、
結婚をしてそのうち子どもも授かりたいと思うなら、
本来なら最適の年齢のはず。

どうして“少し若いかも”なんて思うように
なってしまったのでしょうか?

① そろそろ30歳に近づいてきて結婚を考える

あなたが子どもだったころ、
一日が過ぎるのは早く感じましたか?
それとも遅く感じましたか?

多くの人が、年齢を重ねるにつれて一日が過ぎるのを
早く感じる傾向にあります。

詳細な説明は省きますが、
それはある程度理論的に証明されている現象です。

つまり、「年齢を重ねると時間は確実に早く過ぎていく」のです。
20歳になるまでは、そういうことを聞いたことがあっても
体感したことが無いために、
半ば信じられない人がほとんどではないでしょうか。

しかし、現実は残酷なものです。
20歳を過ぎたら30歳はあっという間にやってきます。

そしてそれは、年齢を重ねるごとに近づく速度を速めてきます。
まだまだ20歳半ばだからと高を括ってはいけません。

もちろん、変に年をとったつもりになるのはいいことではありません。
30歳になるまでの時間は思ったよりも
早く過ぎるのだということを念頭に、
計画的に行動をしていくのです。

「あのときこうしていれば良かった」
思わないようにしていきましょう。

② 24歳は昔ならクリスマスケーキ⁈

今のご時世にそんなことを言おうものなら、
世の中の多くの人からバッシングの嵐になりそうですが、
主に女性に対して「24歳はクリスマスケーキ」
言われる時代がありました。

誰が言い始めたのかわかりませんが
「結婚したい年齢 24歳」という構図が
世の中に出来上がっていたのです。

具体的にどんな状況かと言うと、
クリスマスイブの日、多くの人がこぞってケーキを買い求めます。

それになぞらえて24歳という年齢は、
結婚においても同じように価値が高いという意味
使われていました。

結婚をビジネス市場と同じと捉えて、
年齢に価値をつけていたのです。

24歳であれば相手への要望を下げなくても、
そのままのあなたを受け取ってもらえるということです。

そして、多くの人の「結婚したい年齢 24歳」から
どんどん日にちが経つにつれて、
ケーキが値引きされるのと同じように、
あなたも何かしらの妥協を強いられていくという流れです。

だからひと昔前の女性は、
「早めにお嫁に貰ってもらわないと売れ残る」という、
恐怖心にも似た感情をもっていたのです。

そういう考えをする時代は随分前に終わりましたが、
今でも24歳という年齢は多くの人が
結婚を考える上での区切りとなり得る年齢です。

ある調査では、多くの女性が
結婚したい年齢で24歳を挙げています。

特に出産を希望している女性は
結婚したい年齢を若く設定します。

それは自然に妊娠できる可能性が高い、
30歳までに子どもを産みたいと考えるからです。

③ 25歳は結婚が寄ってくる年齢

しかし、実際のところはそんなにうまくいきません。
長く交際している人がいるならまだしも、
20代前半で結婚をする人はそんなに多くありません。

事実として、現代の平均初婚年齢は
男女ともに30歳前後となっています。

結婚したい年齢と、結婚できる年齢が
かけ離れてしまっているのです。

世の中の流れを見極めることは
処世術として大切なことです。

しかし、晩婚だけは必ずしもいいこととは言えません。
もちろん晩婚をすることでいいこともありますが、
年齢が上がるにつれて取り戻せなくなるものも大きいのです。

24.25.26歳が結婚したい年齢であっても無くても、
結婚そのものについて具体的に考えだすには
良い頃合いと言えるでしょう。

④ 26歳で婚活を始めるのは早い?

それでも25歳で結婚を決められる人はまだまだ多くありません。
幸運な出会いがあればそれに越したことはありませんが、
仕事で忙しかったりするとなかなかそんな時間がないかもしれません。

そんな時は思い切って26歳で婚活を始めてみましょう。
その理由は、前述の「年齢と結婚市場」の関係にあります。

24歳はクリスマスケーキなどという
考えを持つ人は時代遅れかもしれませんが、
結婚相手に「若さ」を求める人は男女ともに多いです。

もちろん好みの問題はありますが、
一般的に考えて20代の若者が60代の、
いわば祖父母と同じような年代の人と結婚したいとは思わないでしょう。

時間は誰にでも平等に流れています。
若者がこれからの未来で経験するであろう時間を、
もうすでに経験してしまっている年配者が共有することはできません。

そういう生き方を否定するわけではありませんが、
結婚とは誰かと人生をともにするということです。

すでに年齢を重ねてしまっていれば、
その時間は短くなってしまいます。

若いということは、それだけ可能性と
エネルギーにあふれているのです。

人は誰でも、
そういった前向きな力に魅力を感じるものです。

実際に婚活を始めても、
すぐには結果が出ないことがほとんどです。

「結婚したい」という気持ちだけでは、
なかなかうまくいかないからです。

趣味や人生に対する価値観、
仕事に関する考え方などが全て合わないと、
結婚に踏み切れない場合がほとんどでしょう。

⑤ 遅くとも30歳までに結婚から逆算する

いい人に出会えたとしても、
出会ったその日に結婚をする訳ではないですし、
お付き合いをする期間も数年間必要かもしれません。

結婚式自体も、準備から実際の挙式日まで
1年くらいかかることがほとんどですから、
それらのことを急がずにこなしていくと、
30歳という年齢になるのです。

そんな状況下で、心の中でデッドラインとして
「結婚したい年齢 30歳」と決めている人は多いでしょう。

デッドラインに設定した年齢が近づいてくると
焦ってしまうので、その前から着実に
準備をしておくことが成功の秘訣です。

その状況から考えても、結婚したい
24.25.26歳はもっとも適した年齢といえるでしょう。

理想だけでなく、現実的に結婚したい年齢になる前に、
24歳から少しずつ準備をしていきましょう。

光陰矢の如しとはよく言ったもので、
過ぎた時間は返ってきてくれません。

あのときああしておけば良かったと思っても、
取り返せるものとそうでないものがあります。

結婚したい年齢が何歳であっても、
どうしても年単位で準備が必要になります。

準備不足は結婚後に余裕のない生活を
生み出す遠因となりかねませんし、

結婚というのは幸せになるためにするのですから、
当事者が本当に納得した時期にすべきものです。

そうなるためにも結果を出したい年齢より少し前に、
少し勇気を出して行動してみましょう。