失恋による痛み辛さを和らげて忘れる7つの方法


                                               


失恋による痛み辛さを和らげて忘れる7つの方法

失恋による痛みはそう簡単になくすことはできません。
しかし、いつまでも失恋による痛みを感じながら過去の恋愛にしがみついていても
いけないことは分かっているでしょう。

失恋による痛みを和らげるにはどうすればよいのかをお教えします。

①去った相手は戻っては来ない

あなたの元を去った相手は、戻ってくることはないでしょう。
あなた自身もそれを分かっているつもりだと思いますが、
心の奥底では「まだ相手は自分のところに戻ってくるかもしれない」と信じていませんか?

失恋による痛みを和らげたいと本当に思っているのなら
「相手は戻ってくるかもしれない」という考えを持たないところから始めましょう。

戻ってくるかもしれない、と期待を抱くことであなたの心は相手にとらわれたままになってしまいます。

心がとらわれたままだといつまでも相手のことを思い出してしまい、
思い出すことで失恋による痛みを感じてしまうのです。

「相手は戻ってこない」と自分の中で決断を下してしまうことは
とても辛く勇気もいることですが、勇気を持つことで自分の心を強く持つこともできるのです。

失恋による痛みを和らげたいなら、相手が戻ってくるかもしれないという希望は捨てて、
新しい一歩を踏み出しましょう。

②失恋で失ったものの大きさ

失恋によって失ったものはとても大きく感じているかもしれません。
この大きな穴を埋められるものはなにもないと思っているかもしれませんが、
その考えも失恋による痛みを和らげることを邪魔しています。

最初は強がりでもいいので、失ったものはまた別のもので
埋められると思うようにしましょう。

そう思うことで前向きな気持ちになれますし、
未来のことを考えられるようになります。

つまり、失恋による痛みを和らげるためには、
未来に目を向けることが重要なのです。

辛い過去の思い出と距離をとるためには、
あなたが前に進もうと思わなければならないのです。

失ってしまったものを埋められる新しい何かを探すために未来へと目を向け、
失恋による痛みを和らげていかないといけないのです。

③大きな喪失感を感じるばかり

今まで一緒にいたのですから、好きだった相手と別れてしまうことで
喪失感も感じるでしょうし、感じる度に失恋による痛みも受けているでしょう。

しかし、先程も申しましたように未来へと目を向け、
前に進んでいかなければならないのです。

まずは喪失感を何かで埋めてみましょう。
先ほども申しましたように、喪失感を埋められるものなどないと
感じているかもしれませんが、まずは無理矢理にでも埋められる物事をつくるのです。

旅行をする、友達と会ったり趣味の時間を過ごしたり
なにか新しいことを始めてみるなど。

喪失感を埋めるためにする物事はすべて、
未来へと目を向けるきっかけとなるものばかりなのです。

旅行や友達と会うには先々の予定を立てますし、未来への楽しみができます。
新しいことを始めてみるのも、自分のこれからの変化について期待をするでしょう。
まだそんな気分にはならないかもしれませんが、
いつまでもそれでは失恋による痛みを和らげることはできないのです。

とことん悲しんで落ち込んだ後には、前を向いて進むしかないのです。

④失恋は運命の人ではなかった

失恋による痛みを和らげるために、失恋した相手は運命の人ではなかったのだと思うこともひとつの方法です。

この失恋や失恋による痛みは、あなたが運命の人と出会うために
必要な試練だったのかもしれません。

なんの痛みや別れもなしに何かを得ることはできないのです。

今あなたが受けている失恋による痛みが大きければ大きい分、
運命の人との恋愛はとても素晴らしいものとなるでしょう。

失恋した相手が運命の人ではないというのもとても悲しいですが、
きっとその相手とは別れるべくして別れたのだということを
理解できる次の出会いが待っているのです。

➄失恋の痛みはいつか消える

体の痛みとは違い、心が受けた失恋による痛みはいつ消えるかという
具体的な期間はありません。

人によって癒える速さは違いますし、痛みの感じ方も様々だからです。
ですがどんな痛みも少しずつ和らいで消えていくのです。

ですので、失恋で落ち込んだり辛い気持ちでいるのも、
痛みが消えていくようにいつかは抜け出せるのです。

もし今までにご紹介したような失恋による痛みを和らげる方法をとることができなければ、
時間の流れに任せてゆっくりと和らげていくのもいいでしょう。

しかしそれにはかなりの時間がかかりますから、
痛みを感じる時間も長くなってしまうのです。

⑥失恋の痛みからの脱却方法

痛みを和らげることができてきたら、次は痛みからの脱却を目指しましょう。
失恋による痛みが消える期間が決まっていなのと同じように、
痛みから脱却できたと断言できるのにも具体的な目安はありません。

しかし、次の恋愛に進もうと思えた時、きっとあなたは過去の失恋の痛みから脱却できているでしょう。

失敗し辛い思いをした物事をまたやろうとする時、人は不安に駆られます。
恋愛で辛い経験をしたあなたがもう一度恋愛をしようとする時、
きっと失恋の思い出がフラッシュバックするでしょう。

しかしそれを乗り越え新たな恋愛に進もうと思えるのですから、
それは失恋による痛みから脱却できていて未来を前向きにとらえられていると
考えられるのです。

⑦失恋の痛みを忘れる時間

失恋による痛みが消えたり、脱却できる時が見えてこなくても
痛みを忘れられる時間があれば順調に痛みから遠のいている証です。

特に、最初は無理矢理別のことに集中して忘れていたとしても、
いつの間にか意識しなくても失恋による痛みを忘れている時間が
訪れれば痛みからの脱却に近づいています。

ですのでまずは、少し強引にでも別のことに集中して失恋による痛みを
忘れる時間を作りましょう。

喪失感を埋めるために旅行や新しいことを始めるという例を出しましたが、
もっと直近でできることでもいいでしょう。

例えば仕事に集中する、友達と飲みに出かけるなどはすぐできることとして
挙げられますが、これらは痛みを忘れることができる貴重な時間となります。

自分の気持ちに反して行動することは辛いことですが、
失恋による痛みから抜けるためにはそうしなければならないのです。

痛みは思い出せば思い出すほど抜け出すことが難しくなってきます。
どこかで区切りをつけて前に進むように切り替えなければなりませんが、
いつまでも失恋による痛みを思い出していては、
それを感じることが日常的になってしまい区切りをつけることができなくなるのです。

そうなってしまわないように、まずは意識的に失恋による痛みを
忘れられる時間をつくるのです。

失恋による痛みを和らげ、痛みから脱却するためには
あなたが未来へ目を向けることが重要です。

少しずつでいいので未来へと進んでみましょう。
あなたにはもっと素敵な恋愛が待っているはずです。