結婚したい時タイミングがあわない見極め方6つ

結婚したい時タイミングがあわない見極め方6つ

結婚は人生の中で大きな変化をもたらすものなので決意するタイミングが重要です。
2人の間で理想とする結婚の時期がずれていたり、

両親と意見が合わなかったりと結婚したいのに
タイミングが合わないこともあるでしょう。

そんな結婚のタイミングについての見極め方を見てみましょう。

①彼は仕事に集中で結婚はまだ先

女性は結婚したいのにタイミングが合わないことのひとつに
男性が仕事に集中したいと考えていることがあげられます。

しかし、仕事に集中したいから家庭はまだ持てないと考える男性は
結婚に対して真剣に考えているともいえるのです。

よい結婚生活を送れるように今は仕事を頑張って貯金を貯めたり、
仕事で成果を出して収入を上げたいと考えているからです。

決して交際や結婚よりも仕事を優先したいと思っているわけではないのです。
男性が今は結婚よりも仕事に集中したいという考えなら
結婚を急かさずに理解を示してあげましょう。

そして仕事に集中している男性を生活面や精神面でサポートしてあげるのです。
そうすれば男性は、女性の心遣いやサポートを感じて
自然と女性との結婚生活を想像するでしょう。

②歳をとらないうちに子供が欲しい

女性は結婚したいのにタイミングが合わない二つ目の理由は
女性は歳をとらないうちに子どもが欲しいと思うからです。

女性は体力のあるできるだけ若いうちに子どもを産んで育てたいと考えます。
しかし男性は妊娠をするわけではないので子どもを産む・育てることへの
イメージがつきづらいのです。

そういったイメージの違いから結婚のタイミングが合わなくなってしまうのです。

男性に子どもを産んだり育てたりすることの大変さや体力的にどれだけ負担が
かかるのかを知らせることが重要です。

例えば周りに妊娠している女性がいればその人の話を聞いてみたり、
実際に子どもを育てている夫婦から子育ての話を聞いて具体的なイメージを
持ってみるといいでしょう。

③親に反対されてタイミングが合わない

2人は結婚したいのにタイミングが合わないこととして、
どちらかの親に結婚を反対されているということもあげられます。

この状態がいちばん結婚に進みづらいといえるでしょう。

2人の中で結婚のタイミングが合わなければどちらかが歩み寄って
タイミングが合うまで待つか、どうしても合わなければ別れて
別々の道に進むなど選択の余地があります。

第三者でありさらに結婚をする上で了承を得ておきたい親に反対されていると
なると解決方法がとても狭くなるからです。

この問題を解決するためには親が納得するまで時間をかけて説得するか、
親との関係を切り捨てる覚悟で反対を押し切って結婚するしかないでしょう。

子どもにとっては親に結婚に賛成して応援してもらいたいというのが
本音ですが、結婚生活を送るのは2人なのです。

結婚はなんの繋がりもなかった家が2人によって繋がるという親にとっても
大きな出来事ですが、それよりも今尊重されるべきなのは
2人が幸せな結婚生活を送れるのかどうかなのです。

親の理解を得ることも重要ではありますが、実際に結婚生活を送るのは
誰なのかということも考えてみましょう。

④結婚の話と転勤がかぶさってタイミングが合わない

2人が結婚したいのにタイミングが合わないもう一つの原因として転勤があります。
転勤は仕事も生活も環境が変わってしまうのでとても負担になります。

そして結婚も生活環境が大きく変わり、
良くも悪くも精神的・肉体的に変化が訪れるでしょう。

そんな大きな変化が同時に来てしまうと普段は聞き流したり
やり過ごせていたこともできなくなり、仕事でも失敗してしまったり
2人の間でケンカが絶えなくなってしまったりと様々な悪循環が起きてしまうのです。

結婚のタイミングと転勤が被ってしまった場合は結婚のタイミングを
少しずらして、
転勤先での生活が落ち着いて余裕が出てきた頃に
結婚をしたほうがいいでしょう。

➄結婚を決める最適な時は?

結婚したいのにタイミングが合わないという問題を起こさないためには、
結婚を決める最適な時期を知っておくといいでしょう。

それは2人で交際してゆく中で徐々に見出していくものなので
必ずいつまでというものや絶対にこの時期ということはありません。

2人で結婚を決めるタイミングを見出すために押さえておきたいポイントがあります。
それが以下の3つです。

・2人の仕事を長いスパンで考えてみる
・2人の親にもそれとなく結婚の話をしておく
・結婚生活を想像してみる

仕事を長いスパンで考えることで、繁忙期や異動などのおおよその時期が見えてきます。
その時期に被らないように結婚することで精神的・肉体的な負担が減るのです。

また、親にそれとなく結婚の話をすることで親がどれぐらい結婚に前向きなのかや
結婚観、親の考える結婚のタイミングなどを聞くことができるでしょう。

そして2人の結婚生活を想像してみることで問題点やケンカになりそうなこと、
先に決めておいた方が良さそうなことなどが想像できるのです。

この3つを押さえておくことで、2人の結婚に最適なタイミングがみえてくるでしょう。

⑥妊娠したタイミングで結婚

結婚したいのにタイミングが合わない2人が結婚を決意するタイミングとして
妊娠があります。

以前は結婚する前に妊娠をするとあまりいい印象を持たれませんでしたが、
今では授かり婚とも言われるように結婚の前に妊娠していても
特に悪い印象は持たれません。

晩婚化も増えている中で、理由があって今結婚するのは難しくても
年齢を考えて先に妊娠をする選択をするカップルもいるでしょう。

そんな結婚したいのにタイミングが合わないカップルは
妊娠を機に結婚を決めてみてもいいでしょう。

⑦親からすすめられて結婚

結婚したいのにタイミングが合わない2人が親からすすめられることで
結婚を決意する場合もあります。

結婚に進む勇気がなかったり、踏ん切りがつかずに
結婚を決められなかったとしても結婚生活の先輩とも呼べる親に

進められれば心強く感じるでしょうし、アドバイスを受けられる点でも
結婚を決めやすくなるでしょう。

お互いに結婚をしたいという意思はあるのになんとなく
結婚できないでいるカップルも少なくありませんが、

そういったカップルこそ親の進めで結婚のタイミングを
決めてみるのもいいでしょう。

様々な要因で結婚したいのにタイミングが合わないことがありますが、
結婚をするタイミングが早くても遅くても幸せな結婚生活を
送れるかどうかには関係がありません。

幸せな結婚生活が送れるかどうかは2人次第ですし、2人にとって
最適なタイミングで結婚をすれば自然と幸せな結婚生活にも繋がるのです。