毎回失恋ばかり? 良い恋愛にするための6の行動


                                               


毎回失恋ばかり? 良い恋愛にするための6の行動

「告白したのに振られてしまった」
「すぐ別れられてしまった」と
失恋ばかり続くことはりませんか?

恋愛で失恋して、同じことを繰り返すことは往々にしてあります。

どうして失恋ばかりになるのか?
どうすれば失恋ばかりにならないのか考えてみましょう。

 

① 素直な気持ちを伝えない

自分の気持ちを言葉にしなくても、
相手は分かってくれるだろうと思っていませんか?

「気持ちを分かってくれるだろうから、言わなくていい」
「どうして自分の気持ちを汲み取ってくれないんだろう?」
そういった考えだと、失恋ばかり続くのも仕方がありません。

あなたが他人の気持ちを分からないのと同じように、
あなたの気持ちが分かるのはあなただけなのです。

自分の気持ちに気付いてもらおうと相手に求めるのはやめて、
自分から素直に伝えましょう。

素直な気持ちを伝えたら嫌われてしまうかも、
とどう思われるのか不安になるかもしれませんが、
素直な気持ちを伝えられない相手とこれから長い時間
良い付き合いを築いていけるでしょうか?

あなたの素直な気持ちや思いを受け入れて、
ちょっとダメな所もいい所もすべてを受け入れてくれる女性を
探さなければならないのです。

勿論それにはあなたも相手の女性のすべてを受け入れ、
愛してあげる覚悟が必要です。

そうやってお互いに相手のいい所も悪い所も受け入れて愛してこそ、
良い関係は築けるのです。

 

② 自分の殻に閉じこもる

「どうせ今回の恋愛も失敗するからなにをしても無駄だ」
「この人はモテそうだから、自分のことを見てはくれないだろう」
と最初から諦めて自分の殻に閉じこもっていませんか?

未来のことは誰にも予測できません。
そして最初から諦めてなにもしないような男性には
誰も魅力を感じませんし、振り向きもしません。

自分の殻に閉じこもってなにもしなければ、
失恋ばかりすることもないでしょう。

ですが、それでは先ほども言ったように
誰もあなたの魅力には気づきませんし、
あなたは自分自身で己の魅力を潰して
しまっているということにもなります。

ですので、最初から諦めて何もせずに
殻に閉じこもった状態をやめましょう。

もし失恋したとしても、何もしないより
何かをした方が得るものがあります。

たとえ後悔するようなことになったとしても
「あれをしておけばよかった」という後悔より、
「もっと別の方法でやってみればよかった」
の後悔のほうが後々あなたを苦しめません。

そして後悔はあなたの教訓になり、
内面の豊かさがもっと増すでしょう。

人を好きになるのには見た目も大事でしょうが、
いい付き合いをしていくには内面ももちろん大事ですから。

魅力的な男性になるための勉強だと思って、
自分の殻から抜け出しましょう。

 

③ 物事を否定的に考える習慣

好意を寄せている女性が自分に対して脈がないと
少しでも感じるととても不安になります。

アピールしていた自分が馬鹿らしく思えるような、
恥ずかしく情けない気持ちにもなるでしょう。

ですが、本当にそれは脈がないと言い切っていいのでしょうか?
「返信が遅いのは自分に気がないからだ」
「食事に誘ったのに大事な先約があるからと断られた。きっと自分のことが嫌いなんだ」
こう否定的に捉えることは簡単です。

マイナスと感じる要素をプラスの方向に
持っていくのは難しいことです。

もし相手の女性が、本当に事情があって連絡を返せない時だったり、
先約の予定がずらせないのだとしたらどうしますか?

大事な相手との連絡は片手間で返信したりせず、
ちゃんと時間を作って返信したいものです。

予定だって、先に約束をした相手を優先するのは普通です。
落ち着いて考えれば、あなたに対して脈がないと
決めつけることのできる理由ではないのです。

物事を否定的に捉えたことを後悔するでしょう。
勇気を出して物事を最初から否定的に考えることをやめてみましょう。

 

④ 常に何事も相手のせいにする

上手くいかなかったことを相手の女性のせいにすれば、
自分はなにも傷つかないと思っていませんか?

好きだった女性を悪者にすることは、
その女性を好きだと思っていた過去の自分自身をも
否定することになります遠回しに自分を否定しているのです。

さらに、自分は悪くないと思うことによって
自分の行動を振り返って反省することもなくなるでしょう。

「失敗は成功のもと」とよく言いますが、
なにもしなければ成功には繋がりません。

失敗を生かすためには自分の行動を振り返って反省し、
成功への糧にしなければならないのです。

自分の反省点を見つめるのは辛いことです。
失恋して傷ついた心ならなおさらでしょう。

ですがそれでは、
いつまで経っても失恋ばかりが続いてしまいます。
そんなことが起きないように失敗を成功の糧にするのです。

 

⑤ 自分中心な考え方をする

物事を否定的に捉え、上手くいかなかったことを
相手の女性のせいにする理由のひとつに、自分中心な考え方があります。

先ほども挙げたように、相手の返信が遅いことや
予定が合わないことは相手のことを思いやれば
すぐ否定的に捉えたりはしないのです。

上手くいかなかったことを相手のせいにするのも、
自分中心で考えずに相手のことを思えば、
相手を否定するなんてそう簡単にはできません。

失恋ばかりが続く原因は、
自分中心で考えてしまうところにあるのではないでしょうか?

思いやりのない、自分のことばかり考えている男性のこと
魅力的とは感じないでしょう。

また、自分が成長する機会も失うことに繋がります。
否定的に捉えて上手くいかなければ相手のせいにするからです。

一度、自分の行動や考え方を見つめなおしてみましょう。

 

⑥ 人を頼りにをするしてあてにしすぎる

「あの女性ともっと話したいから、食事の場を作って」
「あの女性に自分のいい所をいっぱい話しておいて」
誰かに頼んでいませんか?

きっと頼まれた人は、最初は応援してくれて
快く引き受けてくれるでしょう。

ですが何回もお願いしている間にあなたに対して、
自分でやればいいのにと思うようになります。

あなたの恋愛です。
第三者を巻き込みすぎてはいけません。

もし、第三者を頼りにしてその恋愛がうまくいかなかったら、
あなたはどう感じますか?
第三者のせいに思ってしまうこともあるのではないでしょうか?

自分の恋愛なのですから、自分が責任を持ちましょう。
それには第三者を頼りにしすぎることをやめて自分で行動するのです。

あなたが好意を寄せている女性も、
あなた自身が行動していないことを感じ取ると、
自分に向けている好意は遊びなのかと思うでしょう。

そんなことにならないためにも自分でアプローチをかけましょう。

 

恋愛で失恋ばかりが続いているのは、
もしかするとあなた自身の行動が原因なのかもしれません。

自分の行動をよく振り返って失恋を成功への糧としましょう。
そうすればいい恋愛がやってくるでしょう。